「ミューオフィスグループ法人倫理憲章」策定趣旨

グループ法人の倫理憲章を策定いたしました。

職員の皆様に、その策定趣旨を十分に理解していただきたくここに説明いたします。

 

1. 職業倫理はなぜ必要か?
自治組織、専門集団(国・職能団体)、事業組織は、その発生に伴い必要なものとして、周囲の世界、社会に認められるためには公共性、公正性、社会性の要素が必須と言われています。

それは倫理、「人間の行動にとって義務づけられた規範」です。

事業理念・目標を持った事業組織体においては、そのコンプライアンス推進する環境整備のために「職業倫理」は必須です。
その倫理提言の事例を代表するものとして、 

 1)Hippokratesの7つの誓約「ギルドの誓約」
 2)医療を行う側と受ける側との関係(ホスおよびサランダーによる)
 3)医療を行う側と受ける側との関係分類(柏木:淀川キリスト病院)

等の倫理提言があります。

 

2. 私たち社会保障(医療・介護・予防)事業を担う専門職になぜ倫理が必要か?
各専門職の成果が問われるのは、各社会事業に従事する場であり、その事業成果向上のために必要な教育も、自己研鑽・研究も、終局的にはそこに結集されます。

実務の場で評価の対象になるのは、その各専門職です。顧客(患者、要介護者、障害者・児、サービス利用者等の地域住民)のニーズに答えることができることにおいてのみ、専門職の存在性が肯定されます。

 

3. 専門職(Profession:プロフェッション)とは?
職員の皆様方は、それぞれの事業部門で重要な役割を持った専門職 " Profession(プロフェッション)"です。

プロフェッションとはどういう意味を持っているのでしょうか?
Profession(プロフェッション)における "profess" とは、"誓う" という意味であり、顧客の特定の問題解決の援助を誓うことにおいて専門職(プロフェッション)であることを担保されます。専門職としての専門分野において役割を担う人間が、この原則を忘れることは許されません。
その専門職としての条件は以下のものが挙げられています。専門職であるはずの各自で考えてみましょう。

 1)個人的責任を持った知性
 2)自発的学習
 3)実践
 4)伝達可能な知識
 5)独自の知識
 6)公衆の利益

 

株式会社ミューオフィスは、「地域の方々の予防活動や 活動・参加活動を支援する」法人として、その前身事業法人(予防/栄養/美容/飲食等 元気創造支援活動・医療介護福祉/教育研究活動・啓発講演・執筆活動・コンサルティング)であった、(合)ミューオフィスや、不動産事業法人であったBEACH(株)から改組・設立しました。

 

株式会社ミューオフィスを要として、365日24時間の在宅医療サービス提供により、「地域の人々の生活・人生を明るく笑顔でキラキラさせる」医療法人きらら会と、介護保険サービス事業において「人それぞれの新たなステージづくりやそのための一歩を応援するための 自立支援介護を目指す」株式会社リハステージによって支えられた構成のミューオフィス グループ法人は、医療・介護・予防を有する3法人の協力連携的総合機能力により、「地域を元気にする会社」を目指しています。


グループ法人の事業目的・役割を果たす機能をより高く向上させるため、勤務する職員にはその個人として、事業目標達成チームメンバーとしてその専門性を遺憾なく発揮してもらうために、組織としての倫理憲章を策定し、組織の内部や外部(地域住民)に提示しました。この法人の倫理規範に則り行動することを、地域住民に、自分自身に誓って、その各自の役割に勤めていただきたいと思っております。
その成果の達成感について共有し、その喜びを共感したいものです。
各部門事業に取り組む専門職として、事業成果および個々の技能向上に向けた精進をよろしくお願いいたします。


2018年度 ミューオフィス グループ法人の想い

弊社、医療・介護・予防の総合事業運営を目指している「ミューオフィスグループ法人」の構成法人、医療法人の「きらら会」と介護事業の「株式会社リハステージ」に興味・関心をお持ちくださりありがとうございます。

本日は、弊社での就職・就業を検討されている方を念頭に、弊社の起業ルーツ(起源・源)や事業法人複合構成、今後の事業展開・方向性について説明したいと思っております。


<新コーポレートアイデンティティ・ヴィジョン>

2018年版の高齢社会白書をみると、2017年度の65歳以上の人口は3,515万人(10月1日時点)で、高齢化率は27.7%でありましたが、65歳以上の人がいる世帯は全体の約半分、単独世帯や夫婦のみの世帯が過半数を閉めていました。
しかし、高齢者の体力テストの合計点は向上傾向にあり、平均寿命と健康寿命のいずれも男女ともに延伸しています。
また、75歳以上の運転免許保有者10万人当たりの死亡事故件数が減少傾向にあることも記載されています。
「健康状態が良い」人の方が「良くない」人よりも、「外出・会話・社会的な活動への参加」に関して「活発である傾向が見られた」とありました。

 

このような社会をより推進するためには、お一人おひとりが「元気に生きる」こと。

つまり、「いつまでも社会に貢献する」「活動・参加に携わりたい」という強い気持ちと、その行動力の維持・向上、そしてそのための「機会」が必要であることが分かります。

その、「元気支援」のための事業法人がミューオフィス グループです。

キャッチコピーも以下に見直しました。

 

<リニューアル・キャッチコピー>

あなたの「元気」を応援します


リハステージ創立時の「元気創り」法人構想は、もともとは以下のようなものでした。

野外活動力、体力向上、生活習慣病の予防、全身調整力の保全、身体機能低下の予防、精神心理機能の失調予防・調整・向上、内面からの活力向上、適正な緊張と弛緩の保全、自然を重視した健康保全、癒しと美容へのこだわり、人生における食および栄養バランスの大事さ等々の自覚・認識向上および教育を基盤としつつ、元気の育成のための社会参加・活動・貢献力の維持・向上、さらにあなたの「健やかな美」の育み。
つまり、「食・運動・癒し・社会活動などさまざまなアプローチに関するあらゆる実践事業に取り組むことを使命とする会社」を目指しています。

時代の流れを見ると、今まさに、この構想を実現する事業法人、医療事業のきらら会と介護事業のリハステージをまとめる「保険外予防総合サービス事業のミューオフィス」が必要な時代です。


したがって、ミューオフィス グループ法人は、

 

・「あなたの元気を応援する」元気を創る会社
 社会活動・参加支援総合予防事業法人 ミューオフィス

 

・「あなたの一歩を応援します」自立支援介護の会社
 「自分らしさ」を発揮できるステージ創出 介護総合事業法人 リハステージ

 

・「地域のみなさまに光り輝く日々を」送る地域健康づくり法人
 在宅医療である訪問診療・看護・リハ・介護総合医療法人 きらら会

 

3つの医療・介護・予防サービス事業法人から成り立っています。

 

保険外保健・社会活動参加総合サービス事業法人であるミューオフィスが、医療事業のきらら会、介護事業のリハステージを、社会貢献支援事業グループ法人の要となってまとめる役割を果たすべきと考えています。

 

 

 

 

元気な生きかたを 一人でも多くの方へ
一人でも多くの方の「元気」源であるさまざまな活動・参加の支援を
その活動の継続・発展による地域社会貢献によって豊かな人生を育む
そして、あなたに最良のクオリティオブライフ(生活の質)を!!


2018年 年度始めのご挨拶

いつも弊社の医療事業や介護事業のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます!

 

2018年度医療介護報酬同時改定において、地域包括ケアシステムの2つの軸である「病院や在宅・施設など、どこにいても医療があること」「自立支援のためにリハビリテーションや生活機能訓練を重視すること」が明確に示されました。

このサービス提供方針に則った事業所に対しては、
‘退院時や看取りに関する加算を中心に、
機能の高い事業所への評価が手厚くなること、が示されました。

 

この国の施策の方向性を鑑みた、今年度のスローガンは下記の通りです。

 

自立支援や活動・参加に資するサービス提供マネジメントを!
〜2025年に向けた医療介護保険同時改定および保険外サービスを見据えて〜

 

国が求める自立支援介護とは、
国民が自分の健康管理・生活機能の自立・向上に取り組んだ上で(本人だけでなく、家族・地域の共同体、医療的・自立支援サービスを活用)、最小限の介護サービスを受ける方向に努力する姿勢を求めているということです。
つまり身体機能(精神機能や運動機能等)が低下しても、常に活動(歩行・起立等を中心とした日常生活能力、家事・職業能力等)や参加(就労、趣味、スポーツ、地域活動・社会貢献活動等)を意識し、私たちのような医療保険や介護保険関係のサービス事業者とともに、その活動・参加を目標にした取り組みを評価しているということです。

 

先に挙げたスローガンは、「私たち事業者は、この姿勢で皆様方をご支援して参ります」といった想いを示した標語です。

スタッフ一同、この想いを胸にサービス提供に努めて参りますので、皆様方も同じ想いを持って息長くお付き合いくださいますよう、よろしくお願いいたします。


| 1/28PAGES | >>