運動器の10年・日本賞受賞の活動事業から学ぶ

 1月24日(土)、「一般財団法人運動器の10年・日本協会」の、「運動器の10年」世界運動・普及啓発推進事業(3年目)である、平成26年度「運動器の10年・日本賞」表彰式に、同協会理事会と共に出席しました。
 同賞は、運動器障害を予防する、効果的な実践活動を普及啓発推進するために設けられた事業で、25の応募事業中、受賞した7つの継続性がある活動事例にみられた共通のキーワードは、「多職種連携(チームワーク)」「相互貢献感」「自立動機づけ」「コミュニティーづくり」でありました。

 予防活動事業の対象者が高齢者であれ、子供達であれ、その活動事業の参加者(小学生や学生も参加する事例もあり)が、対象者とともに参加動機を高める相乗効果を示していたものが多くありました。
 このような予防活動事業においては、その地域で日常的に対象者の近くにいる人たちの参加を促し、両者が自助的かつ互助的になるような活動づくりが要であり、医療専門家(医師・看護師・リハ職など)は、バックヤードでその活動のための評価、プログラム立案、リスク管理のためのシステムづくりの役目を果たし、あくまでも「黒子」に徹したほうがよいことが示されていました。

 私たちの目指す、介護予防事業、元気創造センター事業の予防活動においても同様です。
今、改めてこれらのキーワード、「多職種連携(チームワーク)」「相互貢献感」「自立動機づけ」「コミュニティーづくり」の重要性を再認識しましょう!

 このイベントに応募の25事業の中に、理学療法士の関与実践報告が多いことに頼もしく思う反面、日本理学療法士協会の理事の立場からは、「もっとこの背景で頑張っているリハ専門職を表に見えるようにしなければ」と思いました。
 同賞 奨励賞を受賞した理学療法士、吉井智晴さん、さらに頑張れ‼︎‼︎
 

「アンプティサッカーに励む少年」記事を読んで
改めてリハビリテーションの原点(活動・参加)を想起する

 11月には、日本代表チームがメキシコで開かれるワールドカップ(W杯)に出場する。代表合宿もあり、初勝利に挑む国内選手たちは日々練習を重ねている。大人と同じチームでボールを追い、将来の代表入りを目指す少年も現れた。
 6月下旬、小雨が降る横浜市のフットサル場で、ボールを追いかけるひときわ小さな姿があった。石井賢くん(7)。川崎市内に住む小学2年生だ。2度の体験会を経て、「FCアウボラーダ川崎」の練習に初参加した。
 「うまくなるためにもっと練習しなくちゃ」キーパーからのパスを受け取るため、松葉杖で全力で前線に走る。真剣なまなざしで大人に交じって約2時間走りきった。
 障害者競技の中でも、バスケットやスキーなどと違って高価な道具は必要ない。1万円ほどの杖(クラッチ)とボールがあればいい。義足や義手をつけず、ありのままの姿でぶつかりあう激しい競技だ。督子さんも躍動感あふれるプレーに魅了された。「元気にプレーする姿をお世話になった人たちに見せたい」。夢は日本代表だ。


 以上に紹介した記事(抜粋)を読み、思います。実に前向きな、力強い生き方ですね。
 私は20代でリハビリテーションの世界に入り、このような強いマインドを持った、未来に可能性のある人たちを支援してきました。彼らの生き方から、人が自立的に、もしくはひたむきに生きていくことの価値を教えられました。その生き様に接することにより、私自身も成長させていただきました。

 今、私たちの事業を利用されている高齢者の皆さまにも、皆さまそれそれの趣味や社会との関わり、「社会参加」に満足を覚える生き方をしていただきたいと思います。そしてリハステージスタッフには、その支援の関わりに、熱い感動や想いを抱いて欲しいと願っております。


[怪我や病気で足や手を失った人たちが杖をついてプレーするアンプティーサッカー]:基本的なルールはサッカーと同じ。7人制で25分間の前後半。フィールドプレーヤーは足のない選手で、2本の「クラッチ」と呼ばれる杖を使う。ゴールキーパーは手や腕のない選手が担当。クラッチでボール操作はできない。オフサイドはなく、選手交代は何度でも可能。ピッチの大きさはサッカーよりひと回り小さい。1980年代に米国で考案され、負傷兵のリハビリの一環として広まった。競技は国際アンプティーサッカー連盟が統括し、現在20カ国以上が加盟。W杯はほぼ2年に1回開かれている。「amputee」とは英語で「手足を切断された人」の意味。

(引用:「僕は蹴る。脚失っても」朝日新聞 2104.7.22 夕刊1頁)

比叡山延暦寺の教え

 先日(10月20日)、比叡山延暦寺に行ってきました。
 実はその前の9月15日に、数十年ぶりに同地に行く機会があり、この地で修行されてきた高僧の、悟りに向けてのさまざまな有り様の幾ばくかを知り、何かしら感じるものがあり、たびたび来てみたいという思いに至りました。

 1200年前、伝教大使最澄は、日本の国の安泰と国民の幸せを祈り、日本人に合った仏教を比叡山に開いたといわれます。その教えの根本となるものは、

「個々の思いやりの心をもって一隅を照らす人になる」

 すなわち、一人ひとりが相手の立場に立って考え、自分の出来ることを精一杯行うことが、周りを良くすることにつながる、ということです。
 後世、このような教えに基づいて、さまざまな高僧が集い、特に鎌倉時代には、法然、栄西、親鸞、道元、日蓮などといった祖師方が比叡山で修行されました。
 この教えは、古来よりある天照大神を発祥とする神の文化、自然の中に宿る、身近に存在する(神話・民話にも現れる)、多くの自然多神教(周囲の宿る神々によって生かされているという教え・考え)により、日本に培われてきた「日本の良さ」である「礼儀ただしさ」「おもいやり」「奥ゆかしさ」「恥じらい」「おもてなし」「もったいない」などの、自分の立場を一歩引いたところでなされるひとつの態度・行動を、さらに醸成することにも強く影響を与えているものと考えられます。

他にも、
1)礼儀正しい
2)責任感がある
3)時間に正確
4)協調性がある
5)常識を重んじる
6)あらゆる面で均質
7)本格志向
と言われますが、それ以前に、前記のいわゆる曖昧な要素が日本人らしいところであると考えます。世界からも評価されるこの資質、日本人として大事にしたいものですね。
 

老人クラブ会員減少からみる課題

 読売新聞 2014.7.23 記事「老人クラブ減少傾向・高齢者増えても…」によると、老人クラブは親睦に加え、高齢者同士の声かけや単身世帯の見守りなど相互生活支援機能を有し、孤独死や身元不明の認知症者の問題が相次ぐ中、その互助機能は注目されている。


図1

1)高齢者人口が増加する一方で、全国の老人クラブや会員数はピーク時に比べると、3割弱にあたる約240万人の減少が続いている。(図1)

2)原因として、定年延長や趣味の多様化に加え、新しいオートロックのマンションが立ち並ぶ地域では住民同士の交流があまりないことなどがあげられる。

3)クラブが担う高齢者の互助機能や地域の安全活動に影響が出かねない状況である。

4)対策として、名古屋市緑区老連では昨年12月、会員が自分の特技や趣味を生かす「人材バンク」制度を始めた。少林寺拳法やヨガ、コーラスなど様々な得意分野を持つ会員40人以上が登録し、他のクラブに講師として派遣される。同区老連は「イベントのマンネリ化を打破し、魅力あるクラブ作りを進めるきっかけになる」としている。

 以上の記事から、リハステージの理念のひとつである「地域を元気にする」を具現化する取り組みとして、老人クラブの減少により地域に失われつつある、高齢者同士やその地域での親睦機能、高齢者同士の声かけや単身世帯の見守りなどの相互生活支援、地域での互助機能を、私たちのデイサービス事業所で代替していけるだけのシステムづくりが必要なことが分かります。
 つまり、デイサービスのご利用者様が、ご自身の特技や趣味(少林寺拳法やヨガ、コーラスなど)の様々な得意分野を持つ指導者・講師となられたり、地域見守りなどの地域支援(社会貢献)を行うボランティア・ネットワークづくりを目指したいものですね。

※[老人クラブ](厚生労働省や全老連による):老人クラブはおおむね60歳以上の高齢者で作る自主組織である。戦後、社会福祉協議会の呼びかけで各地に広がった。活動目的に仲間づくりや生きがい作りなどを掲げ、歩いて集まることができる地域の範囲で、30〜100人程度の規模を標準としている。老人福祉法で福祉増進のための事業と位置づけられ、国や自治体から支援を受けている。(引用:老人クラブ減少傾向・高齢者増えても…:読売新聞 2014.7.23 37頁)

協会賞受賞および星城大学名誉教授授与について

 私は、賞罰の罰は事欠かない、との噂もありますが、今年はどうしたことか、賞として、6月8日の日本理学療法士協会賞に続き、10月11日、星城大学 名誉教授の称号をいただきました。

 その受賞理由として考えるに、協会賞については、その時の日本理学療法士協会 執行部は、それまでの右肩上がりのバブル動向に酔いしれ、次の危機的変化に対応行動ができない組織体制でありました。その「茹でガエル」状態からの改革に取り組んだ8年のがんばりに、いただいたのではないかと勝手に思っています。
 

 また、名誉教授称号については、東海地区での私学第1号としての、星城大学リハビリテーション学部開設における1年前からの準備努力や、優秀な人材のハンティング活動と、他大学にない、教員が頑張れる自由闊達な研究、および教育環境づくりによる周辺地域における優先性構築の成果やその頑張りに対する評価、としていただいたものと勝手に理解しています。
 

 しかし、私はプロモーター気質のとても強い人間です。
 つまり、今あることを大きく改善、もしくは新たな思いを形にする(開発)ことが大好きなものですから、これらの受賞・授与については、自分の中ではすでに過去のことであり、次に改善したいこと、次代に繋ぐこと、新たな構想、つまり、新大学のリハ学部構想や、集団的行動力の高い新生協会体制構築構想などに「想い」は馳せていています。

 その姿勢はリハステージの予防戦略構想においても同様です。
 これからの時代は、予防がキーワードです。介護予防だけでなく、国民のあらゆる領域、性別、階層、世代の元気創造の感性が必要です。まだまだ先へ先へと前に進みますが、リハステージの理念はぶれません。
この想い・構想も、事業本部の幹部たち、事業現場のリーダーおよびスタッフ皆様の意見を吸収しながら、目標・戦略を共有しながら、進んでいく体制をつくりたいものです。

※[名誉教授(Professor emeritus)]:国内法では大学などに教授などとして勤務した者であって、功績のあった者に対して授与される称号。法的・国際的に認められた栄誉称号であり学術称号の一つ。日本では学校教育法にその根拠規定があり、それぞれ大学または高等専門学校の規程・規則の定めるところにより授与される。(ウィキペディア:フリー百科事典)

ノーベル物理学賞受賞の赤崎勇教授のひと言について

 青色発光ダイオード(LED)を開発した名城大学の赤崎 勇 教授と名古屋大学 天野 浩 教授、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村 修二 教授のノーベル賞受賞、誠におめでとうございます。

 今回の受賞対象となった青色LEDの開発においては、赤崎氏と天野氏の名古屋大学子弟コンビが、青色LEDを世界で初めて生み出し、中村氏はその後、量産化技術開発の立役者になった功績によるものです。

 スウェーデン王立科学アカデミーの同賞選考委員の、『「人類のより良い生活につながる発明に賞を与える」とした、アルフレッド・ノーベルの思いにまさに合致する』と述べた賞賛コメントから、私が常日頃抱き、その行動の根幹にある思いである、「科学の根幹や成果には人類発展への貢献がなければならない。科学には、科学性(妥当性・信頼性)・有用性・汎用性がその必須構成要素として求められるが、最終的にはその研究意義や成果としての価値には、有用性・汎用性がもっとも大事である」と、全く一致するものであると感じました。
私のこの思いは科学研究だけでなく、あらゆる活動(営利事業活動も含め)がそうであるべきと考えています。
つまり、地域住民、国民に役立ってなんぼのもんやの心意気です! そんな難しいことやないはずですよ!

 もうひとつ、
 受賞者の一人、赤崎教授が、「20世紀中には実現不可能」と言われ、次々とこの研究から離れていく研究者が多い中、この青色LEDの研究に一徹に打ち込んできた研究人生を振り返ってのひと言を求められて、「ただやりたいことをやってきただけ」の言葉の重さに感動いたしました。
 人の多くはこのような強い動機がないと、物事に取り組み関わり続けないこと、また、ご利用者様の「活動・参加」を支援することを目的とする私たちの事業においては、なおいっそう、その動機付けにしっかりとした関わりが重要なことを、今、改めて考えなければならないなと思いました。
スタッフの皆さん、いかが !?

 久々のつぶやきでした…

ある講演依頼から予防ニーズ啓発の立場を再認識

 先日、ある学生団体の学生より、予防領域についての講演依頼メールが送信されてきました。
社会人である専門職団体からではこのような講演依頼の意図とその熱意を感じさせる文章はここ最近とんとみなかったので、一部をここに紹介いたします。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
日本理学療法学生協会
平成26年○月日 
 
御講演のお願い
 
株式会社リハステージ
代表取締役
植松 光俊様
日本理学療法学生協会
関西支部大会
○○
○○ ○○ 
拝啓 
 向暑の候、先生にはますます御壮健のこととお喜び申し上げます。 
 突然のご連絡、大変失礼いたします。この度は、植松光俊先生に日本理学療法学生協会(Japan Phythecal Therapy Student Assosiation:JPTSA)主催の関西支部大会において、御講演のお願いを申しあげたくこちらのメールを差し上げる次第でございます。 
 私は、(−−−中略−
−)そこで植松先生にご講演していただきたいと思い、ご連絡を差し上げるに至った次第でございます。
 今回、神戸大学が主催します関西支部大会のテーマは、我々学生で話し合い「予防(仮)」と致しました。
 現在、理学療法士の職域を拡大するため、また医療費を削減するために広まりつつある “予防” という分野ですが、大学の講義のなかで取り上げられることはほとんどなく、私たち学生にとってはほとんど知る機会のない分野です。このような理学療法学生が集う場において、これから発展していくことが予想される “予防” というテーマについて知り、考えることは理学療法学生の知識の向上や視野を拡大することにつながると思い、このテーマといたしました。
 しかしながら、一言に “予防” といってもとても幅広く、また、学生にとってはほとんど知識の無い分野です。このような状態の私たちが、何を知り、学ぶべきか考えたところ、日本理学療法士協会が予防の分野に対してどのような施策を行っているのか、ということについて知ることが意義深いのではないか、という結論に達しました。そして、5月の下旬に大阪で行われたリハビリテーション専門職のための起業セミナーでの植松先生のご講演内容と講演資料から、この講演内容に最適な先生は植松先生であると考え、ご連絡させていただきました。
 関西支部大会の予定については、下記のとおりでございます。 

 

(略)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 「さすが将来の理学療法を担っていく学生」と思わせる依頼文書に感心し、また予防についてのデマンド & ニーズを肌で感じる内容に、私自身、「予防の重要さを啓発する立場の重さ」を再認識する機会となりました。

ある介護講演会から「コスト・生産性・経営管理」学ぶ

『昨年逝去した池田省三氏を悼む介護講演会(7月17日)において、慶応大学の田中滋名誉教授は、地域包括ケアシステムの構築に向けて、首長、経営者、団塊の世代の「覚悟」が必要になると指摘。差し当たり首長の覚悟が必要になるが、団塊の世代がいかに社会貢献できるかという点も重要だ、とした。
 また、不足が指摘される福祉人材については、現在の要介護者に対する福祉人材の比率で2025年の福祉人材を推計するのはおかしいと指掘。「どんな産業でも必ず需要が増えたときには少ない人員でできるようにする技術革新を伴う。1人当たりの生産性を上げていく工夫はあるはず」と述べた。
 また、福祉人材は一律ではなく、中核的な福祉人材、周辺的な人材、さらに周辺の人材と、専門性の違いで段階があるとも指摘した。』

 以上のメディファックからの引用記事から、何を学ぶことができましたか?
 特に後半の指摘からは、現在の事業所定員に対するスタッフ数比率から、定員増した時に同じ比率を適応するのはおかしい、むしろより少ない比率で業務の効率化を図るとした技術革新が図られるべきであることが理解できます。
 そして、その専門技術職や団塊の世代の活用、社会貢献・参加などのボランティア導入も含め、人材によるそれらの人材特性に基づいた人員配置をすべきであるとも指摘しています。
 皆さん、特にリーダーに近い位置にいる人(または目指す人)はどう感じましたか?

(引用:介護保険制度、原点から問題提起 池田省三氏を悼む講演会 メディファックス 6883号:5/8 2014年7月22日)

山口かずゆき応援協力ありがとう

 すでにご存知とは思いますが、皆さんの選挙応援協力のおかげで、昨日(実は今日の午前2時45分)の参議院選挙開票結果、リハビリ医療、介護、そして予防領域の旗手、理学療法士の星、山口かずゆき氏が当選しました。
 彼にはこれからとことん私たちのような高齢者、障害者のために質のよいリハビリサービスを提供する事業所やそこで働くスタッフのために、汗を流してもらわなければなりません。
 そのように働きかけていくよう努めていくつもりです。
皆さんほんとうにありがとうございました。




今日の午前2時45分、山口かずゆき事務所での当選バンザイコール場面


社長賞会食の機会はまた楽し♪♪



 5月2日の夜は、4月の新入職員歓迎お花見会におけるゲームイベントの賞品として、「社長賞 : 社長と会食!」 を獲得した若い介護職・トレーナースタッフ3人 (若松 幸好、奥本 奈緒、東 諭) と、前年の6月にも同賞で利用した、準高級イタリアンコースを食す 「ウ・ポンテベッキオ」(淀屋橋) にて愉しみました。
 このお店のホームページを確認し、(前回同様、本格的なコースは初めてという) スタッフ達は、う〜んと緊張気味で会食は始まりました。

 私の嗜好品である酒・ワインの蘊蓄 (うんちく) 話などで口火を切り、その後、各スタッフの近況・生活ぶりを聞きながら徐々に緊張もほぐれ、自分たちの趣味等の披露 (奥本さんの長い通勤小旅行道中での小説読破ぶりや、若松さんのフルマラソンに至るまでの話、讃岐うどん巡り1日弾丸ツアー、和歌山県出身の東君のアレルギー話) がなされました。
 スタッフの顔が間近に見えて、距離感が少し縮まったように思える楽しい会話が出来ました。

 世界三大珍味 (キャビア、トリュフ、フォアグラ) がところどころに入ったコースで、運ばれてくる料理が美味しくて、ついみんなが写真にとどめるのを忘れてしまった一品が、下のコース料理の中に残骸としてあります。
 久々に私は調子に乗りすぎて、ワインを沢山飲みすぎて、最後にはグラッパまで飲んでしまいました。
またまた本当に楽しか〜った!!! (まじめな東君は最後まで少しおとなしかったかな…)




食事を終えて


ウ・ポンテベッキオの入り口で

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

chief executive officer

selected entries

categories

archives

links

others

search this site.