課題を請け負う力

  「課題を請け負う力」は、リーダーを目指し、業務遂行力・運営管理力を身につけていく時期にある者にとって、最低限必要な資質と考えています。

 人は、それぞれの業務領域で上司から課せられる業務課題に対し、「やってみます」「是非やらせて下さい」と答え引き受ける人と、「難しそうですね」「私には出来そうにないです」「それは無理じゃないですか」と否定的な答えとともに拒否する人に概ね分かれるようです。
 この、課題を請け負う機会を与えられた時の応え方によって、自己発展する機会を得る人と、その機会を逃す人とに分かれるのだなと、私はみてしまいます。

 課題を請け負った人は(それが難しいと思いつつ請け負ったとしても)その課題の遂行において、必要な問題や対処事項、影響要因についての多くを学び、経験します。事後には一歩前進した、自己発展した自分がそこにいるはずです。
 すなわち、課題を請け負った人の能力により成果の大きさは違いますが、たとえ失敗したとしても、課題を請け負った人は少なくとも何らかの成果を得るはず。この経験値は必ず次の業務遂行に活きてくるものです。

さて、あなたはどちらの行動様式をとることが多いですか?