法改正の穿った見方?

 高齢者が重度の要介護状態になっても、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう新たなサービスを創設する「改正介護保険法」が、6月15日の参議院本会議で可決、成立し、来年4月1日から施行されます。
 その創設サービスのひとつとして、要支援者・介護予防事業対象者に、介護予防サービスなどを包括的に提供する「介護予防・日常生活支援総合事業」があります。
 ケアマネジメント、介護予防、生活支援の実施を必須条件に、市町村が地域の実情に合わせて家事援助や機能訓練など介護保険の予防給付と、見守り・配食サービスなどの保険外サービスを合わせて、1つのパッケージとして提供できる制度であります。

しかし、この法改正の背景には、将来の要支援者の介護保険外しの方向性が見え隠れしませんか?
備えあれば憂いなし・・・・・