デイサービス スタッフ全体研修会について

 11月17日、年に1回の定例 デイサービス スタッフ全体研修会(1日)が、当社事業スタッフに、FCやLC事業所のスタッフも加わり、総勢42名で開催されました。

 冒頭の私の挨拶では、通所介護の最近の現状(事業所数・形態の実態)と、その課題と見直し動向に加え、介護予防モデル事業報告を踏まえた介護保険部会の見解、すなわち、訪問・通所介護における要支援者の市町村運営への移行(地域支援事業化)と通所介護における重度者の重点化移行、そして、従来からの心身機能および活動向上に加え、「社会参加」アプローチの推進、つまり自立支援型のケアマネジメントのためのリハ専門職の活用の提言について紹介しました。
 そして、国のその方向性は、当社の理念『人それぞれの「自分らしさ」を発揮できるステージづくりを支援します』や、その理念を達成するために毎年進化・深化させてきた達成行動目標であるスローガンの目指すものとピッタリと合致するものであることを十分に認識し、私たちの目指すものに自信を持っていただきたいという「想い」を伝えたつもりです。

 この、定例 デイサービス スタッフ全体研修会では、ご利用者様の人生への積極的な関与(趣味活動展開や社会参加活動)に対し、しっかりとご支援できることを目指し、研修会テーマ・目標である具体的なアプローチ手法の開発・錬磨研鑽に努めてもらいたいと思っております。
 研修会において、頭と体に汗をかいて後、最後に用意した懇親会では、1日の疲れを癒やすとともに、直営店、FCおよびLC事業所のスタッフ間のコミュニケーションを取ることにも努めていただければと考えております。皆さん、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
 

開会挨拶
 

片麻痺の方へのレッドコード エクササイズ指導について解説


交流を深める懇親会