上海万国博覧会・チャイナエイド2010視察ツアーに参加して(その6)久々に上海に行ってみて

5.市内観光での印象(5/17午後)

1)上海が明るい、きれいになった・・・・・・・上海万博の影響か?
日本の万博以後も、世界に見られる日本を意識してきれいにマナー向上した事実から考えると、これからの上海は期待できるかも・・・・・・・ しかし、たばこのマナー(禁煙・分煙マ場所指定とその注意姿勢)だけは日本より進んでいるようでした・・・・・・・これにはびっくり

2)南京路(上海の中心街)の喧噪   東京の銀座風の街並みですが、上海近郊の田舎の人々が集まってくる観光地といった感じで、大きな声で中国語をしゃべっておりいつも喧嘩しているではないかという感がありました。

3)上海らしい名所
‐絣い蕕靴気鯊緝修垢覬催豺勝焚蓮砲鬚呂気鵑廼畭綸なタワーとビルが建ち並ぶ新開地とレトロな洋風建物が並ぶ外灘(バンド)の風景

  

⊂絣せ堝眞羶瓦砲△訖慧恵呂里しゃれな町並みは素晴らしかったですね。




4)交通マナーの悪さ
歩道にもバイクが走るし(どうも時速15km以下ならいいようです)、そして横断歩道を歩いていても、しかも青で渡っていても左折車・右折車からクラクションで急かされるには驚かされました。またちょっとしたことでもクラクションを鳴らすことが多く、至る所でブーブー、パーパーとうるさいことこの上もありません。

5)上海から戻って・大阪に帰って感じたこと(5/18)
大阪のなんと静かで、食べもののおいしさことか!