リハステージは『小川かつみ』を応援しています!! 〜 その理由と促進行動 〜

スタッフの皆様、いつもご苦労様です!
日本理学療法士協会 副会長の『小川かつみ』は、2025年には迎えるであろう日本の社会保障体制の危機に対し、リハビリテーション(医療・介護・予防)領域における効果的な地域包括ケアシステムの構築・支援の政策提言を行うため、来る参議院議員選挙戦を戦うべく立ち上がりました。
私は、日本理学療法士協会(以下本会)会員・理事の立場から、また、介護・医療の領域で事業をするリハステージ代表の立場としても、『小川かつみ』を応援いたします。応援の理由と必要な促進行動について、次のように考えています。

<理由>
・消費税増税延期・法人税が上がらない
 → 社会保障費財源枯渇・抑制削減が必至
 → 次期平成30年度医療・介護同時改定において増大するリハビリ関連報酬(通所での個別リハ・機能訓練など)の削減がターゲットになることは必至
 → 特に回復期リハ上限9→6単位算定抑制や他職種参入(みなしPT)によるリハ専門職の解雇が起こりうる
 → その防衛のために本会協会意思が反映行動できる議員候補者を応援することが必要

<出来ること> 
1)社内ポスター掲示
2)名刺サイズの討議資料の配布
3)期日前投票促進
4)18歳選挙権者投票行動促進

スタッフの皆様、この想いをご理解ください。そして、利用者様や関係者の皆様にもご理解いただけるよう、支援行動の促進にご協力ください。この応援のために残された期間は後わずか5週間。何卒、リハステージ スタッフの力強い支援行動をお願いいたします。

私たちリハステージは、人それぞれの「活動」「参加」という目標に向け、その人とその周りの人達を、より「元気」(「人生への積極的関与」をする「活動的人生」)にする取り組みを目指し、事業を展開しております。サービス提供基盤となる社会保障体制のぐらつきによる、「リハビリテーションサービス機能の低下」は何としても食い止めなければなりません!!

『小川かつみ』に対するリハステージスタッフの力強い支援行動を
よろしくお願いいたします!!