2018年 年度始めのご挨拶

いつも弊社の医療事業や介護事業のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます!

 

2018年度医療介護報酬同時改定において、地域包括ケアシステムの2つの軸である「病院や在宅・施設など、どこにいても医療があること」「自立支援のためにリハビリテーションや生活機能訓練を重視すること」が明確に示されました。

このサービス提供方針に則った事業所に対しては、
‘退院時や看取りに関する加算を中心に、
機能の高い事業所への評価が手厚くなること、が示されました。

 

この国の施策の方向性を鑑みた、今年度のスローガンは下記の通りです。

 

自立支援や活動・参加に資するサービス提供マネジメントを!
〜2025年に向けた医療介護保険同時改定および保険外サービスを見据えて〜

 

国が求める自立支援介護とは、
国民が自分の健康管理・生活機能の自立・向上に取り組んだ上で(本人だけでなく、家族・地域の共同体、医療的・自立支援サービスを活用)、最小限の介護サービスを受ける方向に努力する姿勢を求めているということです。
つまり身体機能(精神機能や運動機能等)が低下しても、常に活動(歩行・起立等を中心とした日常生活能力、家事・職業能力等)や参加(就労、趣味、スポーツ、地域活動・社会貢献活動等)を意識し、私たちのような医療保険や介護保険関係のサービス事業者とともに、その活動・参加を目標にした取り組みを評価しているということです。

 

先に挙げたスローガンは、「私たち事業者は、この姿勢で皆様方をご支援して参ります」といった想いを示した標語です。

スタッフ一同、この想いを胸にサービス提供に努めて参りますので、皆様方も同じ想いを持って息長くお付き合いくださいますよう、よろしくお願いいたします。