2016年 年度始めのご挨拶

 いつもリハステージをご利用いただきありがとうございます。
2016年、今年度のグループ スローガンと事業の方向性についてお伝えしたいと思います。
今年度の利用者様サービス向上のスローガンとして、

『目指せ!魅力ある事業所づくり!!』
〜介護保険事業12年目、今一度、魅力ある事業所づくりについて考えてみよう!!〜

上記を掲げました。
 リハステージグループ スローガンとしては、これまで利用者様の『想い』について、2010年より、「発見」、「気づき」、「語らい、育む」と進め、2013年は「利用者様の『想い』を形に」、2014年は「利用者様の『想い』の役割・居場所づくり」と発展させて参りました。
 さらに2015年は、『リハビリテーションへ原点回帰!「活動」「参加」を目指して!!』のスローガンのもと、従前からの体力向上を基盤とした生活機能向上プログラムに、「活動」「参加」を目指した選択メニューを導入した結果、利用者様においても比較的好意的に受け入れていただけたように感じております。

 しかし、前年度はそのプログラムの運営とその発展において、必要な人員供給に対する配慮に欠けていたことから、全体の事業所運営に支障を及ぼし、利用者様に対するサービスの質の低下をもたらす結果となったことの深い反省のもと、創業時の原点に立ち還り、「魅力ある事業所とは何か」を考え、見直さなくてはならない状況に陥っています。  

 そこで今年度は、12年前の介護事業開始当初の、活力と魅力ある事業所づくりについて思い返し、今一度考え、再構築する一年といたします。人材確保に重点を置き、スタッフが活き活きと利用者様に接することができる体制を作る一年にしたいと考えております。

 人それぞれの「活動」「参加」という目標に向け、その人とその周りの人達を、より「元気」  (「人生への積極的関与」をする「活動的人生」)にする取り組みを継続することについては変わりありませんが、このスローガンのもと、利用者様へ、スタッフが無理なくプログラムを提供できる仕方・あり方について、法人・事業所全体で再考して参ります。
 慌てず、利用者様お一人づつ、その必要性の高い方から取り組み、明確な成果をあげることに、スタッフともども努めていく所存でおりますので、ご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2015年 年度始めのご挨拶

 いつもリハステージをご利用くださりありがとうございます。年度始めに際して、2015年度のリハステージ・スローガンと、事業の方向性についてお伝えしたいと思います。

 2015年度の利用者様サービス向上スローガンは、
『リハビリテーションへ原点回帰!「活動」「参加」を目指して!!』を掲げました。

 リハステージの企業理念、『私たちは、利用者様を、地域を、スタッフを、元気にする会社を目指します!!』は、心身機能の維持・向上を基盤として「活動」「参加」を実現し、その人の人間性の復権、「元気にする」を目的とした、「リハビリテーション」そのものです。株式会社リハステージは、リハビリテーション専門職を中心とした「チームによる自立支援活動」を社会事業化したものです。
 近年の診療報酬・介護報酬改定にみられるように、国が目指している地域包括ケアシステム構築の強い意思・方向性を、私たちはしっかり受け止め、対応しなければなりません。そのためには、今、「リハビリテーション」の理念に原点回帰し、人それぞれの「活動」「参加」を目指して、その人とその周りの人たちを、より「元気」に、つまり「人生への積極的関与」を行う「活動的人生」にする取り組みにおいて、明確な成果をあげる必要があります。

そこで、2015年度事業目標として、
〆濛隶緡屠問サービス機能の強化
∨問・デイサービスユニット機能強化
デイサービスにおける利用者様の主体性、 選択制アクティビティメニュー構築
じ亀ち和ぅ札鵐拭蕊活 NPOみんなの元気をつくる会設立・始動
ゥ妊ぅ機璽咼坑藤短業の整備

 この5項目を挙げるとともに、大きな変化が予測される2018年の、社会保障制度再構築のための医療介護保険改定に備え、「攻めるリハステージ」を目指し、新たに理学療法士・作業療法士スタッフ9名、介護職・トレーナースタッフ5名を投入しました。これを機に、「訪問看護ステーションのサテライト化」に着手するとともに、「訪問」と「通所」のリハ・看護連携サービス提供体制の構築を果たしたいと考えております。
 目標を実現できるかどうかは、サービス提供事業の現場で働くスタッフの元気力に掛かっています。
そのためには、事業本部内の事業現場管理力を有効に機能させることができる組織、「営業・管理の自立力」が必要と考えております。皆様へのサービス向上に繋げるため、最大限に努力していく所存であります。

 今後ともリハステージのサービスを末永くご利用いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
 

日本理学療法士協会 役員選挙(参考投票)結果報告とお礼

 2月22日、公益社団法人 日本理学療法士協会の理事選挙(参考投票)結果が出ました。
 投票獲得数順位でみると、今までの選挙結果でも不思議に縁のある8番目の位置でした。参考投票結果とはいえ、なんとか第一関門(理事定数23名以内)は突破した感があります。
 これもひとえに、私の種々の事業諸活動における協力者(共に働いてきた経営法人のスタッフ、秘書、協会事務職の皆様など)、今までの協会事業活動についての理解者、支援諸団体様の応援の賜物と、深く感謝しております。
 取り急ぎお礼の気持ちを伝えたく、ここにメッセージを発信いたします。
この選挙においては、本当に貴重な票をいただきありがとうございました!

 気は早いかもしれませんが、皆様の熱い想いに応えるべく、次期医療・介護報酬の同時改定を睨んだ、真のリハビリテーションマインドに満ちた政策立案・要望・実現活動を推進するとともに、その下支えになる教育・学術の基盤体制づくり、教育・学術の推進および、医療・介護・予防・福祉領域の課題改善や機能向上に大きな影響力を持つ地域・フィールドの、現場での強い指導力を持つ管理者の育成を急務であると考え、取り組んで参ります。
 そのために必要な事業活動に精力を注いでいく所存です。今後ともなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 本当にありがとうございました!!

<< | 2/27PAGES | >>